色々な性病と医薬品をご紹介します

カンジダ|クラミジア|淋病|コンジローマ|嫌ケロ

クラミジア感染者数は100万人以上

日本で最も感染者数が多い性病がクラミジアです。
コンドームをしないセックスをした場合、2回に1回の確率で感染するとされているので、確率的には感染率50%ということになるでしょう。
実際、クラミジア感染者数は100万人以上に上るとされており、決して珍しくはない性病であることが分かります。
また、感染しても症状が出にくいのが特徴ですので、知らずの内に性行為の相手にうつしてしまい、よって広がりやすくなってしまうのです。
男女ともに症状を感じにくいのですが、特に女性の場合は症状を感じる人が少ないため気づかないまま病気が進行することがあります。
そう考えると、男性よりも女性の方が感染率が高い病気ということが言えるでしょう。
感染経路は粘膜同士の接触のみならず精液や膣分泌液からも感染するため、オーラルセックスで咽喉に感染するケースもあります。
また、クラミジア感染者はHIVへの感染率も3~5倍程度増えますので性行為へのリスクが高まることが懸念されるため注意が必要です。
潜伏期間は1週間~3週間ほどあります。
感染すると男性は尿道に症状が見られ、排尿痛、膿、かゆみや不快感、発熱などを伴い、放置すると前立腺炎や血精液症の危険性も出てきます。
女性は膣内に症状が見られ、おりものの増加、不正出血、下腹部や性交時の痛みを伴い、放置すると不妊症になる危険性も出てきます。
口腔へ感染した場合は、のどの腫れや痛み、発熱などが見られるとされています。